信託保全が利用できる企業を選ぼう

FXをするなら信託保全が出来る業者を選びましょう

FXで取引を始めるときに預ける資金ですが、企業が破たんした場合返ってこない可能性もあります。そんなリスクを避けるために「信託保全」というものがあります。

信託保全は「顧客から預かったお金を銀行などに預ける」ということです。それにより破たんした時でも銀行にお金がある状態ですので資金がかえってくることになります。

この信託保全には種類があります。「完全信託保全」「一部信託保全」「分別保管」になります。

完全信託保全は証拠金をすべて銀行などに預けるという物になります。この場合は業者が破たんした場合でも証拠金は返ってきます。管理しているのが銀行などですので、安全性が高いといえます。

次に一部信託保全ですが、これは顧客の「資金の一部」を預けることになります。その預けた範囲によってどれだけ返ってくるかが変わります。さらにその一部にはどこまでが含まれているのかも解らない場合があります。一部信託保全となっている場合はどこからどこまでの範囲であるのか、しっかりと確認しておくことが必要になります。

そして分別保管ですが、銀行などに預けるのではなく「自社で」分別して管理することになります。破たんしたときに戻ってこないリスクは高いです。信託保全は「第三者に預ける」ということですので、企業が管理しているということから他の二つに比べると安全性は高くはありません。

信託保全を利用する目的は破たんした時でも資金が戻ってくるようにするということです。ですので、信託保全を理由に企業を選ぶのであれば完全信託保全を利用できる企業を選びましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加