海外口座を利用する時の注意

FX海外口座を利用する時のリスクとを知っておきましょう

海外にFXの口座を開くという時はしっかりと調べておきましょう。日本では当たり前のことが出来ないということもあります。

通常でれば口座への出入金はスムーズに行うことが出来ると考えると思います。しかし、海外の口座ではタイムラグもありますし、業者の対応によっては一週間以上かかる場合もあります。さらに、出金をすることが出来ない場合もあります。業者が何かと理由を付けて出金をさせてくれないといったトラブルが発生することがあるのです。もちろんトラブルが起きていて出金が出来ないということもあるとは思いますが、日本ではあまり聞かないトラブルです。

それと、基本的なことですが「海外」の業者ですので日本語で対応してくれるとは限りません。契約もサポートも日本語があるとは考えないほうがいいでしょう。業者によっては対応している場合もありますが、基本的には英語や、口座を開く現地の言葉で書かれていることがほとんどです。

また、破たんによる証拠金などの資金が戻ってこないというリスクもあります。日本では信託保全という物を利用していて、顧客から預かった資金を銀行に預けています。それによってFX業者が破たんした場合でも資金がかえってくるのですが、海外ではこれは一般的ではありません。信託保全を利用している業者のほうが少ないので、安心や安全といったものは日本とは開きがあります。

しかし、海外の口座では「高いレバレッジ」という大きな魅力があります。最大は1000倍のものもあるようですが、ハイリスクハイリターンですのでしっかりとしたリスク管理をするようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加